宝くじ文化公演|nasu-hh
那須野が原ハーモニーホール

宝くじ文化公演 佐藤しのぶ「カルメン・ファンタジー」

宝くじ文化公演

ソプラノ:佐藤しのぶ
テノール:小原啓楼
ピアノ:森島英子

開催
2018/11/11[日] 14:00開演(13:30開場)
大ホール
チケット
指定席 2,000円(※宝くじの助成による特別料金です)
※未就学児の入場はお断りいたします。
※本公演は、宝くじ文化公演につき、友の会会員特典(チケットの優先予約、料金割引)がありませんのでご了承ください。
発売日
2018/08/04[土] 9:00 一般発売開始
2018/08/06[月] 9:00 電話予約開始
※本公演は、宝くじ文化公演につき、友の会会員特典(チケットの優先予約、料金割引)がありませんのでご了承ください。
出演
ソプラノ:佐藤しのぶ
テノール:小原啓楼
ピアノ:森島英子
予定曲目
前奏曲
ハバネラ
セギディリャ
間奏曲
ジプシーソング
ホセとカルメンの二重唱 ~ 花の歌
間奏曲
カルメンの死
※演奏曲目は変更の可能性もあります。
プレイガイド
那須野が原ハーモニーホール 0287-24-0880
セブンチケット http://7ticket.jp/sc/qvij
石川綾子ヴァイオリンコンサートin栃木 e+(イープラス) http://eplus.jp/

佐藤しのぶ

佐藤しのぶ(さとうしのぶ)
日本を代表するプリマドンナ。
文化庁オペラ研修所を最年少、首席で卒業。「メリー・ウィドウ」「椿姫」に抜擢されデビュー。
文化庁派遣による芸術家在外研修員としてミラノへ留学。 ウィーン国立歌劇場での「蝶々夫人」を皮切りに、ケルン市立歌劇場やベルリン・ドイツ・オペラ等主要な劇場で主役を歌う。
1996年韓国政府から初めての日本人正式招聘歌手として、5 万人のソウルスタジアムでチョンミュンフン指揮KBOと共演。
1999年プラハにて世界首脳が列席の中、『ビロード革命10周年記念演奏会』で指揮アシュケナージ、チェコフィルと共演し、ニュースとして世界に放映。2009年4 月『天皇皇后両陛下ご成婚50周年&ご即位20周年記念コンサート』、2009年11月『天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典』に出演。
2014年1~4月『夕鶴』つう役を初主演で絶賛され、2016年2・3月に全国各地で行われた再演も大好評を博した。
共演した指揮者は、小澤征爾、クリスティアン・ティーレマン、コリン・デイヴィス、クリストフ・エッシェンバッハ、エリアフ・インバル、シャルル・デュトワ、ピンカス・スタインバーグ等、オーケストラはローマ・サンタチェチーリア国立アカデミー管弦楽団、フランス国立管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、バイエルン放送交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、シカゴ交響楽団など枚挙に暇がない。
文化放送音楽賞、都民文化栄誉章、ジロー・オペラ賞大賞、マドモアゼル・パルファム賞、Federazione Italiana Cuochi、日本文化デザイン賞大賞等を受賞。
CD14種類をリリース。著書に「佐藤しのぶ出逢いのハーモニー」、「歌声は心をつなぐ」、「明日へ続く歌」(東京書籍)がある。
これらの収益は世界の恵まれない子供たちに寄付され、現地の井戸や学校教室の設立、医療等に役立てられ、また、現在は東日本大震災の義援金として寄付を行っている。
毎年恒例で行われている5月の母の日コンサート「佐藤しのぶ 母の日に贈るコンサート」は、2019年に25回目を迎える。(5月12日・東京オペラシティコンサートホール)
公式HP http://www.satoshinobu-ag.com/

小原啓楼

小原啓楼(おはらけいろう)
東京藝術大学卒業。卒業時に松田トシ賞受賞。同大学院博士課程を修了し、博士号を取得。第41回日伊声楽コンコルソ第3位並びに歌曲賞受賞。
輝かしい美声で多くのオペラに出演。これまでに新国立劇場において『ルチア』アルトゥーロ、『オテロ』カッシオ、『夕鶴』与ひょう、『鹿鳴館』清原久雄、同鑑賞教室『愛の妙薬』ネモリーノ、二期会において『イル・トロヴァトーレ』マンリーコ、『蝶々夫人』ピンカートン、『メリー・ウィドー』カミーユ、その他にも日生劇場開場50年記念公演『リア』エドマンド等を演じる。中でも12年新国立劇場『沈黙』主役のロドリゴでは迫真の歌唱と演技を絶賛され、15年長崎公演及び東京再演に出演。16年京都ロームシアターオープニング公演『フィデリオ』フロレスタンではヘルデン的な歌唱が絶賛された。
コンサートソリストとしても、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、ヴェルディ「レクイエム」、ブルックナー「ミサ曲第3番」、マーラー「大地の歌」、ブノア「荘厳ミサ曲」(日本初演)、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、ブリテン「戦争レクイエム」、ロイド=ウェッバー「レクイエム」等幅広いレパートリーを持ち、高い評価を得ている。
また13年東京国体開会式では天皇皇后両陛下御臨席のもと国歌を独唱。この模様は全国に生中継された。
17年11月新国立劇場『椿姫』ガストン子爵、18年2月二期会『ローエングリン』(準・メルクル指揮/深作健太演出)タイトルロールを演じて、高い評価を得た。二期会会員

森島英子

森島英子(もりしまえいこ)
東京藝術大学卒業。中山靖子教授にピアノ独奏、中山悌一教授にピアノ伴奏を師事。文化庁派遣芸術家在外研修員として、シュトゥットガルト音楽演劇大学に留学、コンラート・リヒター教授のもとでリート科を修了。在学中より伴奏ピアニストとして演奏活動を開始、佐藤しのぶをはじめ多くの声楽家諸氏と共演している。オペラの分野でも、日本有数のコレペティートル、チェンバリストとして活躍。2007年「ボエーム」で指揮者としてもデビューした。 兵庫県立芸術文化センター佐渡裕プロデュースオペラ公演、日生劇場公演「マクロプロス家の事」、ジャパン・アーツ公演「夕鶴」等に、ミュージック・アドヴァイザーとしても参画し、 オペラの日本語歌詞、字幕制作も手がける。 また室内楽奏者として、ウィーン・フィルのコンサートマスター R・キュッヒル、W・ヒンク、R・ホーネックの各氏や、ベルリン・フィル、NHK交響楽団の首席奏者等とデュオ、トリオなどを共演している。1994年度新日鉄音楽賞特別賞受賞。

主催:大田原市、(公財)那須野が原文化振興財団、栃木県、(一財)自治総合センター
後援:大田原市教育委員会、那須塩原市教育委員会、朝日新聞宇都宮総局、産経新聞宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局、下野新聞社、栃木放送、エフエム栃木、とちぎテレビ、栃木よみうり、とちぎ朝日、NHKサービスセンター

■ この公演は託児サービスがあります ■

小さなお子様がいる方に、ゆっくり公演を楽しんでいただけるよう託児室を設置します。
ご希望の方は、公演の10日前までにお申し込みください(直前のお申込みでは対応できかねます)。

 利用料:お子様お一人につき1,000円(保険料込)
 定 員:お申し込み先着10名様まで
 対 象:満2歳から小学3年生までのお子様
 お申込:営業時間内にお電話ください(TEL:0287-24-0880 9:00-17:00)